スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1万ヒット突破


 8月31日 おかげ様で1万ヒットを突破致しました。アクセスありがとうございました。学校が始まるとネタが少なくなりますが(汗)これからもどうぞよろしくお願いします。
 添付画はせいせき多摩川花火大会

スポンサーサイト

E233系2000番台を撮影する

今日は小田急江ノ島線の撮影を軽く済ませた後 東急の撮影へ


↑08系 前から撮影したかった形式 独特な前面デザインですな。


↑大井町線 今年溝の口に延伸しました


↑二子玉川からは田園都市線に挟まれて走ります


↑携帯をチェックすると233系の試運転があるということで予定を変更。池上線で五反田 山手で原宿 そこから千代田線に乗車


↑明治神宮前にて


↑代々木上原まで追っかけ まぁまぁなデザインかなぁ…


↑後追い この後富山ライトレールの鉄道コレクションの購入へ

高崎線をゆくEF64 65を撮影するパート2

 湘新の特快で大崎へ、そこから山手線に乗車。車内から貨物線を見るとレインボーがいた為 もしや?と思い品川の臨時ホームへ


↑予想外の並び  


↑逆ホームから


↑E259系の撮影も初めてだったり 新型の成田エクスプレスです。
 この後 品川で昼食を取り青梅線の羽村へ(別記事で紹介予定)。本当は209のTk出場撮りたかったのですがスジ間違え…(汗 2459レを撮影する為 豊田へ 


↑2459レ
 今回の分は高崎線関係無かったかも(汗)まぁ2459が高崎車だからOKと言う事で。以上で終了。明日から天気が悪くなるようで・・・撮影はせずに家にいるかもです。

高崎線をゆくEF64 65を撮影するパート1

 青春18きっぷが余ったのでまた関東入り。今月だけで関東関西を4往復してます(汗)内1往復が新幹線 3往復がムーンライトながら 片道だけ中央線を上りました。まぁそんなことはおいておいて早速本題へ。今回は高崎線のEF65電気機関車の撮影がしたくちょっと周ってきました。
ムーンライトながらが5時8分に東京に到着、まずは夜行列車三種を撮影する為 京浜東北線で赤羽へ


↑急行 能登号 東京~金沢間を結ぶ


↑特急 北陸号 同じく、こちらは寝台列車


↑E233系 京浜東北線 
一旦ここで撮影中断、もう一度京浜東北線に乗り蕨(わらび)へここであけぼの号を撮影


↑貨物列車は流しで・・・


↑朝日を浴びて・・・ 東京~青森間を結ぶ寝台特急
これを撮影後すぐに撤収。さいたま新都心駅へ。


↑まもなく京浜東北線から撤退する209系 ここからは高崎線に乗車


↑5760レ 機関車編成撮る時はインカーブが好きです


↑E231系普通列車 15両編成で300mかぁ・・・(何


↑2055レ 
 とりあえずここで中断・・・

笹の葉ラプソティDVD4  


新アニメのDVD第1弾となった涼宮ハルヒの憂鬱4。当方はゲーマーズの限定版を予約購入、DVDの他にいろいろな特典がついてきました。添付画の品(ポストカード カード着せかえシール ブックカバー等)と店頭ポスターのセット なかなか満足のいくセットでしたな、ゲーマーズGJ。 笹の葉も改めて鑑賞出来ましたノシ

ねんぷち ボーカロイド01発売決定

http://ameblo.jp/gsc-mikatan/
 ねんどろいどぷちシリーズについにボカロが登場するようです。以前初音ミクのみゲーム特典として登場しましたが今回は他のボカロも登場。これは購入決定ですな。

北海道旅行記パート9 函館本線を上る

8月3日
札幌8時13分→函館本線普通→手稲8時30分着 8時34分発→函館本線普通→小樽9時6分着 12時20分発→函館本線普通→ニセコ14時6分着 16時56分発→長万部18時37分着18時59分発→スーパー北斗18号→函館20時14分着 21時48分発→寝台特急 北斗星→上野9時38分着
 この日は函館本線のいわゆる山線を上りました。札幌から小樽 倶知安を経由して長万部へ、そこから太平洋沿いを森までそこから大沼 仁山の峠を登って函館へ。途中下車を多めに入れた1日でした。


↑まずは札幌駅で富良野ラベンダーEXPを撮影。


↑手稲までは711系に乗車しました。元急行型という点では北陸本線の475系なんかと同じですが 窓が二重だったりライトが4つだったりするのを見ると北海道らしいなと思う次第。手稲からは721系に乗り小樽へ。海辺の倉庫街を散策しつつお目当ての一つ小樽市博物館へ。ここには北海道ゆかりの車両が集結していて一度行ってみたかった場所でした。展示車両の中からいくつか紹介


↑幕が残念・・・


↑C12


↑旧客はもちろん機関車の運転室にも入れました
 トミックスのC57を購入する予定なので客車他の資料をしっかり得てきましたノシ
 その後は運河博物館や北一ガラス 保存されている建物諸々を巡り昼過ぎに小樽駅へ。続く・・・
次回は函館本線のローカル区間「山線」に突入です。

北海道旅行記風景編パート5 富良野ファーム富田前編

 3日目は天候が良くなかった為、富良野駅からJRバスのツアーを利用して道央地区の周遊を行いました。そこで訪ねた富良野ファーム富田の写真。さりげこの場所へは3回目の訪問だったり・・・


※ラベンダーではありません(汗)ラベンダーよりも他の花畑の方が人気があったり・・・


↑早咲きのラベンダーは収穫期を迎え・・・


↑刈り取られたラベンダーはこうしてオイルになるようです。


↑メインのラベンダー畑。道路を挟んで山側にあります。どういう訳か散策する人がおらず・・・?


↑お気に入りの一枚。


↑山の斜面にある為 見晴らしが良かったです。 後編に続く

今後の更新予定  

今後の更新予定を書いておきます。
◎旅行記
北海道旅行記
中央線乗車記
◎撮影記
阪急他
◎風景撮影記
北海道風景
花火
まぁかなりたまってますが(汗)そんな感じです。

北海道旅行記風景編パート4 札幌編



↑北海道旧道庁 道庁の資料の他 北海道内の観光地のパンフが置いてあります。函館の公会堂同様逆光の中での撮影となりました(汗)


↑道庁前で道路工事による通行止めがあった為 道路の真ん中から撮影。
時計台はスルー(苦笑)まぁ一応寄りましたが・・・


↑札幌駅前のJRタワーより撮影 38階からの眺めです。4方向の風景を楽しめます。函館よりもまったりしていて幻想的でした。 次回はいよいよ富良野 美瑛の写真です。

JAM 国際鉄道模型コンベンション  

今日は東京ビックサイトにて開催された国際鉄道模型コンベンションに行ってきました。レポは明日以降に書きます

北海道旅行記パート8 道央を巡る

8月2日
 札幌8時 4分発 →特急 富良野ラベンダーエクスプレス1号→富良野9時53分着→ツインクルバス富良野 旭山動物園号→旭山動物園16時発→旭川電気軌道バス→旭川17時発→スーパーカムイ44号→札幌18時20分着 (以下略…
 3日目は道央を巡ってきました、当初は富良野 美瑛のみの予定でしたが、悪天候の為バスに切替え旭山動物園もついでに寄りましたノシ というわけでまずは旭山動物園号と富良野ラベンダーEXPの並びから


↑札幌駅にて もしかして両者は同形式?左側に乗って富良野まで一直線。そこからダッシュでみどりの窓口へ 空席があるか尋ねた上でツインクルバスの乗車券を購入。ツインクルバスというのはJRが運行する観光バスのこと。JR利用者限定のサービスで価格はかなり格安となっています。(今回乗ったのは1000円) 富良野駅からファーム富田→美瑛駅→美瑛北西の丘→ケンとメリーの木→旭山動物園のルート。JRとうまく組み合わさっている為 クルマよりも効率よく周れますな。


↑ノロッコ号


↑ファーム富田の花畑
 鉄道写真は以上。この日はどちらかというと観光写真 風景写真の方が多い為 風景写真編にアップしていきます。まぁそんな訳でこちらへのアップは少なめになります。

  札幌駅到着後は市内探索その2ということで大通り地区のグッツショップ街へ(苦笑)アニメイトやらメロンブックス他 同人誌の店が集結してます。店ごとにそれぞれメインに扱うジャンルがうまく区切られていて住み分けが出来ているのにはびっくり。北海道の人達はこの場所で調達してるのかぁ・・・まぁ見下すわけではないけど秋葉原や日本橋 池袋に慣れてると物足りない感じがしました(←当たり前か? 






  

ハルヒ新ED 止マレ 着うたフル配信開始

http://natalie.mu/news/show/id/20144
「止マレ!」の着うたフルの配信が、「超!アニメロ」限定で今日から始まりました。発売が待ちきれないなんて人はどうぞ。CD待ちの人がいる為 曲自体のレビューは控えます。

光陽園駅前公園を製作する



↑水道路踏切
 涼宮ハルヒの憂鬱 新アニメも残すところあと少しとなりました。そんな訳で久しぶりにレイアウトの製作を再開しました。網目の柵が気に入らなかったので津川のものに交換、光陽園駅前公園の設置の二つ、これで笹の葉ラプソティの再現が可能になりました。


↑光陽園駅前公園
 位置的に実際はこの場所に甲陽園駅前公園は存在しません。というよりか公園自体はっきりとしたものはなくアニメオリジナルと思われます。もともと空き地でパウダーのみをまいていた場所にトミーテックの情景コレクションの「駅前・公園C」を使用。仮置きの為 固定はしていません。電灯については適切なものを探し中です。



↑カメラが入らない為 上からの撮影。目線を下げると笹の葉で登場した歩道に見えます。

ラッシュの10両編成を撮影する  

出掛け中ゆえ記事は明日以降 アップ予定m(_ _)m

北海道旅行記風景編パート3 大沼



↑大沼 霧の為 駒ケ岳は見えず・・・取敢えず島めぐりコースという散策路があったので散歩


↑湖面には蓮が多かったです


↑アップで・・・


↑周囲はこんな感じ

涼宮ハルヒの憂鬱5.142857(第2巻)

http://www.haruhi.tv/fanclub/goods_dvd_5142857.html
 9月25日発売予定です。
 限定版は6600円 2話収録と言う事はエンドレスエイト8話全部で…ホントもう何やってんだか?
涼宮ハルヒのレイアウトですがこの度、光陽園駅前公園の設置が決定しました。笹の葉ラプソティを参考に製作していきます。今は材料の仕入れ中で、完成したらこのブログにアップします。

お盆  

お盆が終わり もう秋の風が吹きつつある今日この頃。最近鉄道の撮影に出掛けてない為 行こうかと思う次第。今日は疲れた為 これでm(_ _)m

第20話 涼宮ハルヒの溜息

 久々の新作(違)夏休みが終わり冒頭は運動会の様子から・・・クラブ別対抗リレーでは相変わらずなドタバタぶり。生徒会に認められてないとか言いながらSOS団として出場。文芸部扱いだったのかな?
>新アニメ化後初の谷口 国木田が登場
 ある日 ハルヒの発言で、SOS団が文化祭で映画発表をやることに。翌日から打ち合わせが始まり。撮影用のカメラはスポンサーより調達…ということでキョン みくるを率いて北口商店街の電気店へと交渉へ ついでにモデルガンなんかも同様調達。

さて6020Fの製作でも・・・(ぉ

北海道旅行記風景画編パート2 函館市内散策



↑函館五稜郭 五稜郭タワーからの撮影。星型の要塞を作るとはびっくり!とは言っても当時の人はこの城が星型であるとは実感しにくかったのかな・・・?


↑神戸もそうですが函館には坂道が多いですな。高いビルがあまりなく海岸線も弧を描いてる為 見通しが良いです。


↑函館公会堂 建物自体は逆光だったので周囲の木などでごまかし(汗)この時期にあじさいが咲いてるのにややびっくり・・・撮影場所は公園になっていて見晴らしも良かったです。


↑建物内 女性の方は衣装レンタルでの撮影が可能です。まぁ簡単に言うとコスプレ撮影ですな。添付画はフラッシュを使用しています。

 行動記 鉄道写真については書庫「旅行記」をご覧下さい。夜景の写真は別記事でアップする予定です。

北海道旅行記パート8 札幌市営地下鉄に試乗する



↑地下鉄と東豊線7000形 
 札幌駅に到着後は旧道庁建物 大通り公園なんかを散策し市営地下鉄に試乗。札幌の地下鉄はゴムタイヤ方式を採用していて地下でいて新交通的な独特な雰囲気でした。他には短い区間であるが大阪のニュートラムなんかがそう。 


↑こちらは南北線5000形
 すすき野のラーメン横丁で夕食を済ませ札幌駅前にあるJRタワーへ。38階の展望室から撮影


↑ノースレインボーエクスプレス ラベンダーEXPに充当


↑並び
 この日は今年オープンしたホテル京阪に宿泊。めちゃくちゃキレイなホテルでしたな。続く

コミケ76 簡易レビュー

 今日は東京ビックサイトで開催されているコミックマーケット76に行ってきました。今回は涼宮ハルヒの憂鬱シリーズ&銀魂の同人誌と、ハルヒリミックスCDの限定版(http://www.haruhi.tv/fanclub/goods_cd.html#SR_nonstop)を買う為 西館の待機列へ。同人誌コーナーで本格的に買うのは初めてゆえ国際展示場6時17分着。前々回が6時44分着 前回が6時30分と毎回到着時間が早まってます(苦笑)
 第1次の移動(横断歩道を渡った道から駅前広場へ)が9時45分頃 10時に開場拍手 西12との分岐点付近が10時30分頃 西34の建物に入ったのは10字45分頃でした。 ビル陰に入ると幾分ましですが、暑さ対策は万全に…団扇があると良いかも。 そういやマックの売り子がフルーリー売ってたのは驚きでした、初めて見た…と言う訳で予想していたよりも快適でした。←もっと過酷だと思ってた。
 11時前にランティスのブースに到着。何と待機列がゼロでした(笑)というわけでスンナリ購入し下の階 西1ホールへ。オールキャラ他のギャグ本 長キョン ハルキョン(or逆) 古キョンなどを購入 銀魂は銀土なんかを購入。まぁ当たり前ですが男女比の移り変わりがかなり激しかったです(苦笑)
 西34屋外待機列は男率が圧倒的に高く、ハルヒNL(ノーマルカップング)は半々ぐらい 古キョン(or逆)で1対10ぐらい 銀魂は・・・(略
 1日目のNLは18禁率がほぼ0ですが(欲しい方は3nry)問題は残りの二つ。BLになってくると18禁がちらほら。純粋に友達同士仲良くしているのが良いわけで何故に18禁?と思う次第・・・というわけでまぁ一般向けオンリーといったところかな?

北海道旅行記 風景画編パート1 北海道上陸



↑旅への入り口 (…同時にトンネル出口だったり。
 今まで風景写真館と別でブログ運営をしてきましたがこの度 更新頻度向上の為?統合しました。現在北海道での乗車記 鉄道撮影の紹介をしていますが併せて北海道での観光写真 風景写真も紹介していきたいと思います。添付画は青函トンネルから列車が出る直前に撮影。露出(明るさ)には迷いましたな(汗)

北海道旅行記パート7 DD51牽引の貨物列車を撮影する

 札幌駅到着後すぐに区間快速に乗り換え。乗り換え時間が短めでしたが駅構内の地理感覚が少し残ってたので余裕の乗り換えでした。この区間快速はいしかりライナーの愛称で小樽~滝川の間の区間を結んでます。(停車駅パターン等が複雑なので詳しくはwikiを参照 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC)
 乗った電車は札幌からは各駅停車でした。・・・という訳で厚別駅で早速 通過待ち。


↑特急スーパーカムイと特急オホーツクの並び 左側に抜かれたわけです。
大麻駅下車後軽くロケハンするも線路沿いにアプローチする道がなく・・・仕方ないので駅にもどってきました。


↑721系と731系の並び 札幌への通勤輸送を担うコンビ


↑スーパーカムイ 実車を見てから格好良いなぁと思った車両のひとつ


↑珍顔なキハ183系


↑本番 DD51型牽引1080レコンテナ貨物
 これを撮った後 区間快速で札幌に引き返しました。続く、次回は札幌市内の散策です。

北海道旅行記パート6 森から一気に札幌に向かう



↑森駅に進入するスーパー北斗7号
 C11型蒸気機関車整備を見学した後 森駅からスーパー北斗7号に乗車し一気に札幌へ。車両は新型のキハ283系だった為 座席に枕のようなクッションがついていてかなり快適でした。←車内散策で見る限りこれは指定席限定のサービスなようです。長万部までの函館本線では海岸線沿いを進んでいきます。 JR北海道の車内放送は基本的に全自動化されていて案内も分かりやすくなっています、そのなかから幾つか紹介。 まず車内のスクロールを見ると「・・・駅まであと20km」(←・・・には次駅が入る なんて表示が。まぁこれは長距離路線の多い特急ならではの表示ですな。ただ「○○駅を出ますと、約・・分ほどで××に到着します」という放送は親切な気がします。


↑長万部駅かなや名物 かにめし
 森駅を出て暫くすると車内販売員が近くに来たのでかにめしを予約。予め予約しておけば長万部駅発車後 かにめしを座席まで持ってきてくれるというサービスで。途中下車することなく出来立てホヤホヤのかにめしが食べられる便利なものとなっています。かにのエキスがつまったご飯の上にかにのほぐし身がどっさりのった駅弁です。城崎温泉や福井といった日本海側のかにめしとはまた違った食感が楽しめてお気に入りの駅弁のひとつです。まぁ難点を言うとすればご飯粒の取りにくさでしょうか、べた付いてなかなか取れなかったです・・・(苦笑


↑東室蘭から先は直線が多く続く
 長万部駅からは室蘭本線に入ります。前回解説した海線ルートを進みます。東室蘭までは引き続き海沿いを進みそこからは北に向きを変え札幌を目指します。この区間はめちゃくちゃ長い直線がいくつもあり地平線までずっと直線なんて区間がいくつもあってびっくりでした(汗)
千歳駅からはすれ違う列車の本数も多くなり車種も通勤型や近郊型の731系や721系なんかが多くなり札幌駅が近くなってきたことを実感させられます。この区間は空の玄関口である新千歳空港と北海道の中心を札幌を結んでいて、通勤のみならず空港へのアクセス路線としての役割も担っています。14時17分 森駅から2時間半強で終点の札幌駅に到着しました。続く、次回は函館本線の撮影に入ります

池袋アニメイト  

今日は池袋アニメイトの銀魂オンリーフェアに行ってきました。名前の通りイベントフロア全て銀魂(苦笑)来場記念的なものは掛け軸ぐらいだったけど原画の展示が会ったりとまぁそれなりなイベントでしたな。
※オンリーイベントはアニメイト名古屋店と池袋店のみで開催
アニメイト池袋店は女性向けと聞いていたけどあまり違和感なかった気がします。ただ9階建てとはいえワンフロアーが狭いのでやや窮屈な印象…


そういや行きしなにハルヒの特大ポスターを見かけました。なぜ池袋?と疑問に…まぁスペース的な問題なのかな。詳細は公式HPを参照。

北海道旅行記パート5 SL函館大沼号に乗る



↑大沼公園駅入線 編成重視の構図になるようトリミング済み


↑サボ
大沼公園駅からはSL函館 大沼号に乗車。JR北海道には現在状態の良い蒸気機関車が2両(C11ー171 C11ー207)ありますが、この日乗った列車はC11 171でした。車内もレトロ仕様で良い感じでした。
大沼公園駅を出ると山の中を縫うように通っていきます。実際に地図でみるとカーブなのがよくわかるかと。参考→ http://www.mapion.co.jp/m/42.0701588888889_140.610433611111_7/


↑森駅に到着


↑駅通路からの撮影
大沼公園駅から約30分で終点の森駅に到着。すぐに客車から機関車が切り離され、整備を行う為 側線へ。スーパー北斗7号への乗り換え時間を利用してC11の機関車整備を見学してきました。


↑入れ換えの為 一旦札幌側端へ


↑整備場所に到着


↑給水中のC11


↑使用済みの石炭を取り出し


↑車番
 こうやって見てるとまるで魂が宿っているようにみえますな。
続く、次回は函館本線 室蘭本線を下り札幌へ向かいます。

北海道旅行記パート4 大沼周遊編

8月1日
函館8時30分発→スーパー北斗3号→大沼公園8時49分着 10時36分発→SL函館・大沼号→森11時12分着 11時39分発→スーパー北斗7号→札幌→14時17分着 14時23分発→区間快速いしかりライナー→大麻14時43分着 15時50分発→区間快速いしかりライナー→札幌16時3分着→札幌市内泊

朝は6時前に起床。まず前日乗ったスーパー白鳥 スーパー北斗 寝台特急北斗星
を撮るため函館~五稜郭間へ


↑寝台特急北斗星
東京上野から札幌までを結ぶ寝台特急。青森から函館でスイッチバック この区間
はED79形電気機関車による牽引


↑同じく
函館からはDD51形ディーゼル機関車による牽引


↑スーパー白鳥


↑スーパー北斗
スーパー北斗は函館~札幌間を函館本線 室蘭本線 千歳線を経由して結ぶ特急。
振り子式ディーゼルのキハ281 283系が使用されています。この列車にも展望窓がある
為、後ほど写真を紹介します。 また同じく間で振り子装備のないキハ183による特急 北斗も運転されています。
3列車撮影後は函館朝市へ 暫く散策した後 いわゆる朝市丼と函館ラーメンのセ
ットを食べてから函館駅へ。
函館からはスーパー北斗3号で大沼公園へ約20分程で到着。大沼公園は濃い霧が
かかっていて駒ケ岳は全く見えず… 仕方ないので湖周りの散策路を散歩して時間
潰し。


↑霧でまったく見えず


↑参考 修学旅行の写真より


↑大沼の前の広場にて…30人程の団体客が現地スタッフ先頭に連接自転車でグ
ルグルと、何だかシュールでした(苦笑)

北海道旅行記パート3 函館周遊編

函館駅に到着。取り敢えず五稜郭に向かうべく函館市電のりばへ。函館市電は湯
の川から函館市内のみどころを経由しながら函館どっく前までを結ぶ5系統。同
じく湯の川発 十字街までは 5系統と同じルート そこから谷地頭までを結ぶ2系統
があります。


↑all低床車のらっくる号に乗車、函館市電唯一の低床連接車で液晶案内を搭載す
る等バリアフリーに配慮した車両です。
函館駅前電停から約10分弱で五稜郭前電停、そこから五稜郭公園までが徒歩7
8分でした。そこから全景を見るべく五稜郭タワーへ。


↑展望台から撮影。日本では珍しい?


↑帰りの市電は函館ハイカラ号


↑車内もレトロ仕様
帰りの路面電車は来年100歳を迎えるレトロ電車 函館ハイカラ号。この電車は
車掌が乗務していて 車内も昔ながらの装備が保たれています。 このハイカラ号
で末広町まで行きそこからは暫く散策。


↑函館市街地と函館市電を絡めて…この場所は被り率がめちゃめちゃ高いです(
汗)歩行者だったり車だったり…撮影後は函館公会堂 旧イギリス領事館へ
この間の写真は風景写真館にて紹介予定
 そうこうしているうちに花電車の時間が来たので十字街へ


↑まともな構図だと運転士の顔が出る為 側面をアップ。函館開港150周年を記念したイベント列車(3両の続行運転)らしいです。
日も暮れてきたので一旦ホテルへ。食事(コンビニ弁当(^^;)を取り函館夜景を
見るべくロープウェイで函館山へ


↑19時 日の入り直後


↑んっ?!


↑\(^o^)/
結局、夜景撮れず撤収。まぁここまで来ておいて霧で撮れなかった…ってオチも
悲しすぎな訳で(汗)まぁそのうちリベンジします(何)
8月31日(終)
次回は函館本線を下ります。

涼宮ハルヒの夏休み(終) 第19話

 やっと終わりましたな。最後の表現は力こもっていて良かったです。それにしても放送期間2か月とかDVD買う人は特典目当てかハルヒ信者に限られる気が・・・アニメ化して欲しい話が他にもある訳で残念です。

涼宮ハルヒの憂鬱 -Super Remix- NON STOP MEGA MIX限定発売
 http://www.haruhi.tv/fanclub/goods_cd.html#SR_nonstop
ハルヒの楽曲による20分間ノンストップリミックス。※コミケ限定品です。

プロフィール

HanHaruFun

Author:HanHaruFun
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。